Senses Places Workshop @ SLACTIONS 2012

Screenshot from the Workshop in Lisbon taken from Second Life

This slideshow requires JavaScript.

Here the link for the Livestream video recording of the Workshop at Universidade Aberta, Lisbon, Portugal

http://www.livestream.com/beverde/video?clipId=pla_5888dba6-e15c-4d66-9584-bd488e832b35&utm_source=lslibrary&utm_medium=ui-thumb

Advertisements

SENSES PLACES × Digital Hollywood

Isabel Valverde 先生 ワークショップ
パフォーマーとアバターによるパフォーマンス制作、インタラクションの研究を通じて

日時:8月23日(火)18:00~21:30 (開場 17:30)
場所:秋葉原ダイビル7階
デジタルハリウッド大学・大学院 ROOM-5,6
http://gs.dhw.ac.jp/

対象者:ダンサー、パフォーマー、研究者、プログラマーなど
注) ノートPCを持参してください。
Wiiを持ってこれる人は、持ってきてください。

募集人数:20-30名
参加費:無料
懇親会:自由参加、実費(500円程度)

申し込み:申し込みフォーム
連絡先:吉田悠樹彦yukihiko@s6.dion.ne.jp

協力: デジタルハリウッド大学大学院 メディアサイエンス研究所
三淵研究室・羽倉研究室
コーディネーター: 吉田悠樹彦(舞踊研究者)

SLURL:http://slurl.com/secondlife/Koru/233/233/3005

当日の流れ
【プログラム内容】
1.Dr. Valverde先生の紹介 : 通訳

2.デジタルハリウッドの関連研究の紹介:三淵先生

3.Valverde先生 ワークショップ : 通訳

4.ディスカッション・まとめ : 吉田悠樹彦先生
ワークショップ概要:
SENSES PLACES × Digital Hollywood

海外では200年代後半ぐらいから次第に立ち上がってきて盛んになってきた試みだが、ダンス、パフォーマンスと3D、メタバースという問題系について本格的に取り組む国内で最初のワークショップです。

SecondLifeのようなソーシャルネットワークのアバターで我々の身体を置き換えるような状態は、コミュニケーションをしたり、ステレオタイプなダンスの動作を コントロールするためにキー操作をする興味深い状況を生み出してしまいます。そこでこのワークショップでは太極拳やコンタクト・インプロビゼーションなど の身体訓練に基づく映像やアバターによるヴァーチャルな身体とのハイブリッドなインタラクションの新しいモードを考えます。動きのインタラクションに関す る創造的な実験はWiimoteなどの、様々なゲームのインターフェイスを批判的分析に基づきます。私たちは芸術的・美学的な実験を通じて新たな可能性に 関する展望を考えます。全体で3時間のワークショップです。
ダンサーやパフォーマー、 プログラマーからメディア研究者まで様々な人々を対象にしています。是非、参加下さい。

プロジェクト概要:
SENSES PLACES
ハイブリッドな参加型パフォーマンス環境を通じ異文化の実現する

SensesPlacesはオーディエンスの参加による複合現実感のパフォーマンス環境を作るダンスとテクノロジーのコラボレーションプロジェクトです。様々な身体技 法に関する文化横断的なアプローチを通じた全身に対するマルチモーダルなインターフェイスを作り出すことで、プロジェクトは運動感覚と共感覚に参加者と環 境が、その場でもヴァーチャルでリモートでもつながるということを目指します。
SecondLifeと共有されたスコアによって、パフォーマー進行役は中国の国際会議DRHA2011(Digital Resources in Humanities and Arts 2011)でパフォーマンスをはじめます。ニュージーランドや日本の2つのノードからも接続します。実際の身体とバーチャルな肉体、そして身体と環境の間のインタラクションにこの会議のオーディエンスも加わります。
インターフェイス・デザインにおけるWeb2.0や新しいゲームデバイスは変化をしてきており、インターフェイスにはビデオとアバターの関係や Wiimote、生体認証デバイスを含んでいます。さらにSensesPlacesでは即興や現代のダンスのトレーニング方法、コンタクト・インプロヴィゼーション、舞踏から太極拳、ヨガ、など様々な東洋西洋の身体技法、を 用います。

SensesPlacesはSecondLifeというソーシャルネットワークにおけるアバターによる身体の機械化やジェンダーや文化的なステレオタイプ化に対し変革を提案し、グループ即興の複雑な練習を通じて、感覚の知覚による相互接続やその範囲を広げることを行うことが出来ればと考えます。

*SensesPlacesはオーディエンスの参加による複合現実感のパフォーマンス環境を作るダンスとテクノロジーのコラボレーションプロジェクトです。Isabel Valverde先生とニュージーランドのTodd Cochrane先生との共同プロジェクトです。
プロジェクトBlog:
https://sensesplaces.wordpress.com/

Isabel Valverde(イザベル・バルベルデ)
プロフィールパフォーマー、振付家、舞踊研究者として超領域的に活動をする。1986年からソロとインターメディアなパフォーマンスを研究をする。カルフォルニア大学リバーサイド校などいくつかの学校を卒業し、昨年、博士論文を発表する。Blog  http://isabelcvalverde.blogspot.com

Todd Cochrane(トッド・コックレーン)

先生について:MUVEをつかって活動をしている教育者でありニュージーランドのWellington Institute of Technologyで活動をしています。

——-
English

SENSES PLACES
Cross-cultural Embodiments through Hybrid Participatory Performance Environment

Workshop 23th August, 2011
Place; Digital Hollywood University and Graduate School
Akihabara, Dai Building 7th Floor, Room 5-6
http://gs.dhw.ac.jp/
Time; 18:30-21:30
Fee: about 500 yen for drink and foods.
Contact address for participant: yukihiko@s6.dion.ne.jp

Also at Senses Places’ virtual environment at Second Life SLURL:http://slurl.com/secondlife/Koru/233/233/3005

Workshop Description
The absurd state of substitution and instrumentalization of our human bodies by avatars in social networks such as Second Life@, confronts us with the limitation of punching keys to control their moves and communication, as well as with their gender and dance behavior stereotypification.

This workshop fosters new modes of hybrid interaction with virtual bodies (avatars and video mediation) based on somatic practices, such as, Body-Mind Centering, Tai Chi and Contact Improvisation, which open out kinesthetic sensing and thinking through witnessing within oneself and with others, gravity, space and time. Creative experimentation of movement interaction is based on the critical analysis of different types of game interfaces, including the Second Life, the Wiimote and the Webcam. We will critically analyze these interfaces through the aesthetic-artistic experimentation with a view for alternative possibilities.

SENSES PLACES @ DRHA 2011 Conference, Ningbo, China
Cross-cultural Embodiments through Hybrid Participatory Performance Environment
Project blog: https://sensesplaces.wordpress.com/

Senses Places is a dance-technology collaborative project creating a playful mixed reality performance environment for audience participation. Generating whole body multimodal interfacings keen to a somatic cross-cultural approach, the project stresses an integration of simultaneous local and remote connections, where participants and environments meet towards a kinesthetic/synesthetic engagement.

Grounded by a shared score and Second Life Sim, performer-facilitators initiate the performance at the conference in China and at two other nodes in Japan and New Zealand, tuning the audience members to several modes of physical-virtual body-body and body-environment interactions. Re-purposing the Web 2.0 and recent game devices with a synergetic/semantic approach to interface design, the interfaces include, video and avatar mediations via webcam, and Wiimote, plus a biometric device.

Through an inclusive process engaging kinesthetic empathy, Senses Places deepens contemporary dance practices, such as, Contact Improvisation and Butoh, weaving Eastern-Western somatic based practices, like, Tai Chi, Yoga, Body-Mind Centering, Release and Alignment, and Alexander Techniques. The improvisation evolves in a sharing of corporealized places, times, and energies, encouraging a fuller experience of the moment.

Emerging embodiments, realities, and cultures are generated by the multi-participant playful involvement as the participants follow, act upon, and respond to each other’s physical bodies, video mediations, avatar moves, and/or environmental changes. Climate related body-environment activity is affected through the wireless communication, linking biometric inputs and environmental device actuators, such as, temperature-light/color, breathing-smoke/wind modulations.

Senses Places wishes to contribute to enlarge the range and interconnectedness of sensory-perceptions within the already complex practice of group improvisation, proposing a constructive and transformative means of inter-subjective and collective socialization, reversing the dead end substitution, gender and movement cultural stereotypification, and instrumentalization of bodies by avatars in social networks, such as Second Life.

*Senses Places is collaborative project by Todd Cochrane and Isabel Valverde
Support:

Wellington Institute of Technology, NZ

Fundação para a Ciência e a Tecnologia, PT

Digital Hollywood, JP

Isabel Valverde is a transdisciplinary performer, choreographer and scholar from Portugal. Develops experimental solo and collaborative intermedial performance art/dance work since 1986. Graduated in Dance Theory and History (UCR), Interdisciplinary Arts (SFSU), New Dance (SNDD/AHK) and Dance (FMH/UTL), Isabel’s doctoral thesis, Interfacing Dance and Technology: a theoretical framework for performance in the digital domain, is translated into Portuguese (FCG/FCT, 2010). Presently pursuing a postdoctoral research in Dances and Technologies (BPD/FCT) at the Institute of Humane Studies and Intelligent Sciences and VIMMI/INESC-ID, includes performance practice-theory, collaborating in cross-realities and cultures participatory performance environments. http://isabelcvalverde.blogspot.com

Todd Cochrane is an experienced educator using MUVEs and a computer technologist who runs the HCI, web development and programming principles classes at the Wellington Institute of Technology, in Wellington New Zealand. He is an expert software developer who has experience with 3D web cam to Virtual World data transfer. Todd is studying towards a Ph. D. in Education on How to use MUVEs effectively in vocational contexts.